家庭菜園をするのに必要な畑の広さは、どのくらいなのでしょう。
家族で、休みの日に野菜作りができるくらい、と考えていらっしゃるのであれば、家庭菜園の広さは6坪くらいがいいのではないでしょうか。

スポンサードリンク

家庭菜園の畑に適切な栽培面積

家庭菜園栽培に要する面積は、野菜作りをする方の家庭菜園経験をした年数や技量、これから取り組める労力や時間、自宅からの距離、育ててみたい野菜によっても、家庭菜園の条件は異なります。

家庭菜園は、1年間続く作業ですから、無理しない面積が適切です。

家庭菜園の広さと、可能な野菜の種類の目安を取り上げてみます。

面積が1坪のケースでは、小松菜、ホウレン草、小かぶ、インゲン豆、シソ、パセリなどといった、種まきをどんどんしていく野菜が向いています。

スペースに限りがあることから、プランターや鉢栽培も加えると、いいのではないでしょうか。

面積が5坪くらいの家庭菜園では、全体を3つに分け、季節ごとの野菜を、それぞれに栽培して、収穫を楽しむと良さそうです。

面積6坪以上の家庭菜園では、1年中何かの野菜が収穫できるような、作づけ計画を立てることが可能なスペースです。

トウモロコシやスイカ、カボチャなどの、小さな家庭菜園では不可能な、大きいサイズの野菜に挑戦してみてはいかがでしょうか。
豆類や大根なども、お勧めです。

家庭菜園の畑とお家に距離がある場合は、毎日収穫しなければいけない野菜や、手間がかかる作物は避けた方が、無理せず楽しんで継続できそうです。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

家庭菜園で野菜作り(トマト,じゃがいも,きゅうり):携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://9.9feg.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。