家庭菜園7月〜8月のポイント

家庭菜園は、7月から8月に夏場の虫対策がある一方で、野菜たちがすくすく成長してくれる季節です。

スポンサードリンク

病害虫の防除は、早期に手を打ちたいところですが、紫外線が強力になるので、日射病には十分対策をして、無理をしないように作業していってください。

秋に備えて、まき野菜の支度がありますので、家庭菜園の多忙な時期となります。

7月の家庭菜園は、インゲンや春菊など、種まきをしていきます。

高冷地であれば、夏まきのほうれん草も良さそうです。

三つ葉やパセリの箱植えしたものを、朝の時間帯のみ、日光のあたる陰地に移してください。

病害虫防除は、早い方が適切です。

ウリ類の家庭菜園の畑の上に、わらを敷きますが、これは土が乾いてしまうことを防ぎます。

畑の泥は、跳ねかえると病気の伝染を引き起こす原因になるので、わらにはこのどろはね防止にもなっています。

ひょうたんやヘチマなどの棚作りは、早い方がいいです。

8月の家庭菜園は、野菜たちが日増しに混み合ってくるシーズンです。

間引きを、何度かに分けて行っていきますが、1度に間引きをしない理由は、残る株の根っこを傷付けてしまうこと、苗床が乾いて、枯れる場合があることなどです。

家庭菜園の秋の準備も、始めていきます。

小松菜、春菊、ホウレン草などの、秋にまく種を、手に入れて備えます。

セロリや、ブロッコリーとカリフラワーのキャベツ類は、畑に定植します。

苗床のイチゴにツルが伸びてくるので、先の孫株を取り除き、苗用株のみにして、太らせます。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

家庭菜園の農作業に便利な道具
家庭菜園の農作業には、くわやスコップ、ハサミなどの、あると便利な道具があります。......
家庭菜園1月〜3月のポイント
家庭菜園は、若い方など広い年齢層の方が、興味を持ち始めています。 家庭菜園作りを......
家庭菜園4月〜6月のポイント
家庭菜園は、1年間通して管理をしていくことで、美味しい野菜などが成長します。 家......
家庭菜園9月〜10月のポイント
家庭菜園の9月から10月は、夏季の猛暑作業から解放されて、体力的に楽になってきま......
家庭菜園11月〜12月のポイント
緑黄色野菜の新鮮なものが、お店に並ばなくなってくる季節です。 家庭菜園の工夫によ......
家庭菜園の野菜には培養土が理想的
家庭菜園を成功させるには、まず土作りが大切です。 土壌が良ければ、良い家庭菜園が......
家庭菜園の野菜作りに五大肥料
家庭菜園で野菜作りをするなら、土に充分な栄養を与えてあげることが肝心です。 「培......
家庭菜園を成功させる肥料の種類
家庭菜園を成功させるには、土作りが肝心です。 土を十分に耕せば、水はけや通気性が......
園芸店で販売している家庭菜園肥料
「五大肥料」は、家庭菜園の野菜作りに適しており、リン酸、窒素、カリウムのカリ、カ......
家庭菜園 配合肥料,堆肥,腐葉土
家庭菜園ブームから、園芸店には様々な肥料が並べられています。 「配合肥料」と呼ば......
家庭菜園で除草剤使用時の注意点
家庭菜園で育てる野菜などに、できれば除草剤は控えたいものです。 除草剤を極力減ら......
家庭菜園で無農薬栽培のポイント
家庭菜園で無農薬栽培にチャレンジする場合には、重要なポイントがあります。 農薬を......
家庭菜園の野菜・葉の健康診断
農薬の使用量を最小限に保ち、家庭菜園で健康な野菜作りをしたいものです。 家庭菜園......
家庭菜園の健康診断 茎や根,花
家庭菜園の野菜の成長を確認するために、茎や根、花で健康診断してチェックしてみてく......
家庭菜園で使用する適切な除草剤
家庭菜園で用いる除草剤は、その野菜によっても使用法や時期、対象となる雑草や1aあ......
家庭菜園に使用する基本的な農機具
家庭菜園で使用する農機具は、本格的なものを全部用意する必要はありませんが、基本的......

▲このページのトップへ