代表的な日本のお酒といえば、日本酒と焼酎ですね。
焼酎は、日本の代表的な「蒸留酒」で、最近では「スピリッツ」ともいいます。

スポンサードリンク

甲類焼酎と乙類焼酎の違い

日本酒などのお酒は、水とアルコール主成分に、その他成分が混合した形で構成されています。

お酒の風味だけを料理に使いたいとき、お酒を加熱してアルコール分を飛ばします。

アルコールの沸点は水より低い約78.3℃。
当然沸点の低いアルコールの方が早く蒸発します。

よくアルコールに火を入れて調理することがありますが、これはその原理を応用しています。

一方で、蒸気を集めて再び液体化する蒸留酒は、もとのお酒よりもアルコール度数が高く、不純物の少ないお酒ができます。

蒸留酒は日本の焼酎だけでなく、世界各国でいろいろあります。

日本ではお酒に酒税が課せられます。
その税制区分として、焼酎は、蒸留機の種類とアルコール度数により「甲類焼酎」と「乙類焼酎」に分類されています。

甲類焼酎とは、連続式蒸留機で蒸留して作られた、糖みつや穀類を主原料としてできたもので、クセがなく無色が特徴です。

甲類焼酎はアルコール度数が36%未満のものをいいます。
果実酒を作る時に使う「ホワイトリカー」も甲類焼酎です。

乙類焼酎はアルコール度数が45%以下のものをいいます。

乙類焼酎は、単式蒸留機で蒸留して作られたもので、穀類やいも類、そばなどを原料としてつくられています。
原料によって風味や味わいが違ってきます。
日本固有のもので、「本格焼酎」とも呼ばれており、沖縄の「泡盛」も乙類焼酎です。

最近は原料のコクや風味のある乙類焼酎の人気が女性の中にも高まっています。

焼酎が作られるその地ならではの、様々な原料が使われています。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

焼酎(芋,黒糖,麦,米):携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://9.9feg.com/shochu/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。