沖縄焼酎 泡盛

焼酎といえば沖縄「泡盛」です。

スポンサードリンク

泡盛は、中国から当時のシャム王国(現在のタイ)、琉球王国(現在の沖縄県)へと伝えられたという長い歴史があります。

琉球王朝時代は、泡盛は貴族の飲み物として好まれ、一般にはまだ、厳しい制限がありましたが、明治時代になってから、民間でも泡盛が普及してきたということです。

「泡盛」という名前には、いくつかの由来があります。

原料に粟を使用していたために「あわもり」と呼ばれていた、お酒を注ぐ際に泡立つ事からその名前がついた、梵語(ぼんご)でお酒の事を「あわむり」と呼んでいたのが変化した、などです。

泡盛には黒麹が使用されます。
黒麹は、沖縄県の暖かい気候によく合う麹です

一般の焼酎には白麹を使いますが、気温の高い沖縄県では白麹は腐りやすいため、黒麹が使われるようです。

泡盛の原料は米ですが、国産のお米ではなくタイ米です。
おそらくタイから伝わったことと関係があるのでしょう。

泡盛に独特の香りや味わいは、このタイ米の独特の香りとパラパラした質感から生まれているのです。

泡盛は保存日数や温度による味の劣化が少なく、3年以上熟成させたものは「古酒(クース)」と言い、良いお酒とされます。

古酒は、深いコクとまろやかな風味が豊かなお酒です。

また、新しいお酒を古いお酒に少しずつ注ぎたして熟成させる「仕次ぎ」という方法が泡盛にはあります。
一般の焼酎にはない製法です。

仕次ぎをした泡盛であっても、総量の50%以上が3年以上寝かせた泡盛では古酒に分類されます。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

ヘルシーな焼酎でストレス解消
最近は、特にストレスの多い社会。 ストレスの原因は、仕事や人間関係、勉強、恋愛......
乙類焼酎 黒糖焼酎,泡盛
乙類焼酎(いわゆる本格焼酎)は、水割り、お湯割り、ロックといろいろなたしなみ方が......
焼酎の種類と料理の組み合わせ
乙類焼酎(本格焼酎)は、日本酒とは違い、水割り、お湯割り、ロックといろいろな楽し......
焼酎はカロリーやプリン体が少ない
焼酎は、糖分がゼロ、すなわちカロリーが低いお酒です。 焼酎は蒸留する途中で糖分が......
焼酎にあう酒器 カラカラ,ソラキュウ,薩摩切子
焼酎をひとりで楽しむ時には、酒器にもこだわってみましょう。 日本酒のコマーシャル......
焼酎と酒器 黒ヂョカ,ガラ,チョク
焼酎を飲むとき、自分の気に入った酒器でいただくのは、また格別な味がするものです。......
本格焼酎でカクテル 玉子酒,梅酒
本格焼酎というと、お湯割り、水割りが一般的で、和のイメージが先にきますね。 それ......
焼酎の甘口と辛口の違い
昭和40年代まで、お酒の甘さや辛さの基準は、水とアルコールの比重で表示されていま......
ポピュラーになった酎ハイ
「酎ハイ」は焼酎の中でも飲みやすい飲み物としてポピュラーになりました。 酎ハイは......
焼酎を使った料理 豚角煮,ケーキ
日本酒とは違い、焼酎は、飲んで楽しむお酒だというイメージが強すぎて料理には使えな......
焼酎に合う料理の簡単レシピ
最近では、自宅で焼酎を楽しむことも多いでしょう。 誰にでも簡単にできる簡単おつま......
焼酎に合うおつまみ料理
焼酎の種類によって、それにあう料理があります。 せっかく良い焼酎を選んでも、料理......
焼酎で健康に! 飲む,香り,塗る
焼酎は健康に良いお酒です。 焼酎には、「飲む」「香り」「塗る」3つの方法がありま......
焼酎で健康に! 血栓と生活習慣病
実は、生活習慣病の予防に焼酎が効果があるといわれています。 脳溢血などにつながる......
焼酎で健康に ウロキナーゼと血栓
焼酎は健康にいいお酒です。 焼酎などのお酒を飲む事は「ウロキナーゼ」と呼ばれる酵......
焼酎のお湯割り,水割り,ロック
焼酎は氷や水、お湯などで割って飲まれるのが一般的です。 焼酎をおいしく飲むために......

▲このページのトップへ